build.kazenotani
AUTHOR

build.kazenotani

  • 2022年5月21日
  • 2022年5月21日

おだわら版リアル寺小屋への思いと広がる夢!

この度初開催された「おだわら版リアル寺子屋」を始めた思いを、「風の谷あしがら」のメンバーである慶応義塾大学教授 井手英策先生に寄稿いただきました。 「シューカツ一択」への違和感 何のために学ぶのか。 これが、僕が「おだわら版リアル寺子屋(=ガチごや) […]

  • 2022年5月19日
  • 2022年5月21日

「小田原版リアル寺子屋」が開催されました

風の谷あしがら「思いをつなぐ班」(教育班)主催で、5月14日、「小田原版リアル寺子屋」を開催しました。大学生や若い人たちに、「楽しんで生きてる人たちに先生になってもらって、いろんな生き方があることを伝えてもらおう」という呼びかけで開催されたプロジェク […]

  • 2021年11月28日
  • 2021年11月28日

12月4日「シュタットベルケ勉強会」参加者募集~地域のエネルギーについて一緒に考えてみませんか?

先日、風の谷あしがらのメンバーでプレ勉強会を行った「シュタットベルケ」。この度、いよいよ地域の皆さまと一緒に考える機会を設けさせていただくこととなりました!! 「公共財としての社会インフラ構築について考える~ドイツ・シュタットベルケに学ぶ」 ●日時  […]

  • 2021年10月27日
  • 2021年10月27日

「シュタットベルケ」勉強会を開催しました

 2021年9月19日、小田原市南町にある小田原城主 大久保家の菩提寺「大久寺」で、風の谷あしがらプロジェクト経済チーム主催の「シュタットベルケ」についての勉強会を行いました。 風の谷あしがらでは、地域のエネルギーについて多くの方と一緒に考えるシンポ […]

  • 2021年10月8日
  • 2021年10月9日

昔の技を今に~海付け竹垣プロジェクト

 2021年9月7日に開催された小田原箱根商工会議所主催の「気候変動オンラインセミナー」で、風の谷あしがらプロジェクトの農業チーム、志村屋米穀店の志村成則さんと、あきさわ園の秋澤史隆さんが、「海付け竹垣プロジェクト」について紹介されました。 その模様 […]

  • 2021年9月7日
  • 2021年9月7日

「自立した人を育てる」はじめ塾の夏期日課

 「はじめ塾」は、小田原市の寄宿生活塾です。小学生から高校生まで多様な年代の子が、寄宿や合宿、学習会などそれぞれの関わり方で集い、生活を共にする中で、一人一人が力を出し切ること、仲間と繋がることを学び、生き抜く力を養う人間教育の場であることを大切にし […]

  • 2021年7月13日
  • 2021年7月14日

「思いをつなぐ班」始動!

酒匂水系の各地で活躍する実践家の集まり「風の谷あしがら」。僕は「はじめ塾」の和田正宏さんと「思いをつなぐ班」(教育班)を立ち上げ、子どもたちの学びの場を作ろうと動き出している。つなぐ班には10名を越える仲間が集まってくれた。でも、子どもたちを連れてい […]

  • 2021年6月10日
  • 2021年6月10日

フィールドワークを開催しました。

「風の谷あしがら」のメンバーが互いの現場に行って学び合うフィールドワーク。その第一弾を5月22日(土)、大井町(神奈川県)の小宮真一郎さん(農業分野)のフィールドで開催しました。 今回参加したのは、あしがら地域に住むメンバー12人。当日は晴天に恵まれ […]

  • 2021年5月30日
  • 2021年5月30日

「生きづらさを抱える子ども」の現状について学んでみませんか。

風の谷あしがらメンバーの山﨑さん(子ども)からのご紹介です。健やかに育まれるべき子どもたちが生きづらさを抱えてしまっている現在の状況・現実を多くの方に知っていただくための講座が、オンラインで開催されます。 「県民公開講座『生きづらさを抱える子どもたち […]

  • 2021年5月24日
  • 2021年5月24日

あきさわ園で無農薬梅を収穫しています

風の谷あしがらメンバーの秋澤さん(農業)の農園「あきさわ園」で無農薬梅の収穫の最盛期を迎えています。 長年守り育てられてきた梅林を守りたいと、3年前に近隣の農家から引き継ぎ、大磯町で里山の手入れを行う地域グループ「大磯きこりラボラトリー」とタッグを組 […]